営業時間・定休日
営業時間

9:30~18:30

 
定休日

毎週水曜日

 
電話番号

059-365-3700

 
 
住所

〒510-8124

三重県三重郡川越町大字南福崎868-1

リクルート

スタッフブログ

   
2016/03/28  おすすめ情報 
中古車入荷致しました!
 

こんにちは!クライスラージープ三重店です。

近頃暖かくなって参りましたが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

まだまだ昼夜の気温差が御座いますので、

体調にお気を付けてお過ごし下さいませ。

皆様、中古車のグランドチェロキーアルティチュードが入荷致しました。

黒色がアクセントとなって、お洒落な車です。

グリル部分が通常であれば、メッキグリルになっておりますが、

こちらのグレードですと、黒色となります。

 

 

最大の特徴は、純正20インチブラックアルミホイールとなっているところです。

大きなサイズで存在感をアピールし、

さらにはブラックになっており、

デザイン、色ともにこだわりを持っております。

 

こちらはサイドステップが付いておりますので、

お子様にも、お乗り降りがしやすくなっております。

さらにはエアサスペンションとなりますので、

乗り降りしやすい高さに調整が可能となります。

また、テールゲートのJeepロゴがブラックとなっております。

こちらの車両価格3,580,000円です。

ネットの写真を御覧頂くのと実車を御覧頂くのとでは、

味わって頂く感覚が違いますので、

是非、一度三重店にお越し頂き、お車を御覧下さいませ。

皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

 
   
2016/03/21  おすすめ情報 
Jeep 車両の共通点のご紹介
 

こんにちは!クライスラージープ三重店です。

本日はJeep全車種の共通点のご紹介をさせて頂きます。

 

皆様お気づき頂けましたでしょうか?

フロントグリルのデザインに共通点が御座います。

7本の穴が開いたグリルとなっており、7スロットルグリルという名前が

ついています。こちらはJeep伝統のデザインとなっております。

当初のデザインより最新のデザインのレネゲードや

一昨年フルモデルチェンジを行ったJeepチェロキーに関しても

外観のデザインは一新されましたがフロントのグリルデザインは

継承されています。

 

もう一点は台形のホイールアーチです。

あまり意識された事は無いかと思いますが、他社様の車両のホイールアーチを

よく見て頂くと円形になっているはずです。

Jeepは全車種台形のホイールアーチに統一されています。

理由としては仮説もございますが2点御座います。

まず1つ目の理由としては第二次世界大戦の際、軍用車として使用されていた

初代Jeepの車両にあります。

軍用車として使用しておりましたので1度に多くの車両を戦地に届けなければ

いけませんでしたのでオーバーフェンダーの形状を台形にする事で

車の上に車を重ねても安定性を保つ事が出来るので積み重ねて一度に

多くの車両を搬送していたという説が御座います。

 

もう一点は他社様とは違い究極のオフロードカーという点です。

オフロードを走行する際にハンドルを切りながら大きな岩や急な坂等の

過酷なオフロードを走行する場合段差を下りた際にサスペンションがクッションに

なりますが、円形のホイールアーチの場合タイヤとホイールハウスが

接触してしまう可能性があります。Jeepはそう言ったリスクを防ぐ為に

台形のホイールアーチが採用されているという説も御座います。

 

是非、街中で走っている車を見られる際はホイールアーチを意識して

見て頂くと円形のホイールアーチが多いと思いますがJeepは台形に

なっていますので気にしてみてください。

 

来週はショールーム入替を行う予定となっております。

展示車も変わりますので、是非当ショールームまでお越し下さいませ。

 
   
2016/03/14  お知らせ 
グランドチェロキー 歴史
 

こんにちは!クライスラージープ三重店です。

今回はJeepグランドチェロキーの歴史についてご紹介させて頂きたいと

思います。

 

 

 

上記写真のグランドチェロキーですが1993年に販売開始となった

グランドチェロキーとなります。エンジンはAMCの直列6気筒4.0Lエンジンを搭載。さらに、V型8気筒エンジンは5.2L搭載されていました。

駆動方式は四輪駆動と後輪駆動が用意されていました。

1999年には2台目グランドチェロキーが販売。

 

 

こちらのモデルはダイムラークライスラーが発足してからのモデルとなります。

ポルシェのエンジニアリングによって、軽量化され堅牢化が施されました。

内装も全面的に刷新され、リアドアが大型化、後部座席のスペースも

改良されました。2004年モデルではフェイスリフトが行われ、同年に

モデルチェンジが行われました。

3代目グランドチェロキーです。

 

2005年モデルとしてデビューしました。Jeepでは初めてオンロード性能が謳われたモデルでもあります。今でも日本で走行している車両もあり人気のあるモデルとなっております。

その次が2011年モデルとして販売が開始された4台目グランドチェロキーとなります。

こちらの車両はダイムラークライスラーとの共同開発の関係もありプラットフォーム等の30%をメルセデス・ベンツMクラスと共用しております。

SUVというカテゴリーからクロスオーバーSUVとカテゴリーが変更となりました。

販売の主力となっていたモデルは3.6LのV6エンジンとなります。

リアシートのリクライニング機能の採用は日本のユーザー様の意見を反映させたものとなります。

2014年モデルにはマイナーチェンジが行われ大幅にインテリア、エクステリア、エンジン等も改良が行われました。

 

 

 

下記車両が現在のモデルとなっておりJeepラングラーアンリミテッドと

合わせて、Jeepの主力となっている車両となります。

オートマチックも5速ATから8速ATに改良されよりスムーズな加速、乗り心地と

走行性能・静粛性もアップしました。

Jeep最高峰の車両となっており、オンロードを走行する上での高級感や外観のエクステリア、オフロードを走行する際の4WD性能はJeep伝統の歴史を受け継いでおりますので自信を持っておススメする事が出来ます。

 

現在、ショールームにリミテッドを展示しております。

試乗車はラレードをご用意させて頂いておりますので、グレードの見比べも

行って頂けます。

3月であれば決算月となっており3月20日(日)までであれば

大変お買得にご案内させて頂いておりますので、是非お時間御座いましたら

当ショールームまでお越し下さいませ。

 

 

 
   
2016/03/07  おすすめ情報 
Jeep 名前の由来!!
 

こんにちは!クライスラージープ三重店です。

今回は皆様が知っているかもしれませんがまだ知らない情報を

皆様にお伝えしたいと思い記事を書かせて頂きます!

まずはJeepの名前の由来です。

説はたくさんありますが一番有力な物をご紹介させて頂きます。

こちらの上記の画像の車両をご存知でしょうか?

名前が「ジェネラル・パーパス・ビークル(GP)」と言う名前で

アメリカ軍の偵察車として使用していた車両です。

略称でGPと呼ばれており早口で呼んでいるうちにJeepになったと

言われています。

デザインも何処か今のラングラーアンリミテッドに似ていないでしょうか?

 

 

 

 

 

丸型のヘッドライトやフロントグリルの形状、角ばったデザインと類似しております。

Jeepの歴史を遡って行くと今から約75年前の1941年第二次世界大戦中に

ウィリス・オーバーランド社が開発した4WD車まで遡ります。

当時、大活躍したJeepは本格的4WD車として今では誰もが知っている

ブランドとなっております。

 

 

 

その中でも、形を大きく変える事なく今でも不動の人気を誇っているのが

上記写真のラングラーアンリミテッドです。

毎年、カラーバリエーションが変更となり年に数台オフロードの限定車や

季節に合った限定車がデビューしておりJeepファンを飽きない様にしております。

実車を見て頂くと写真では伝わらない大きさや、試乗をして頂くと

視界の高さやボディーの安定性を体感して頂けます。

是非、皆様にもラングラーアンリミテッドの魅力を存分に知って頂きたいと

思いますのでお時間御座いましたら当ショールームまで是非お越し下さいませ。

3月は年度末となっており、大変お安くご案内する事も出来ます。

SUVにお乗換えをご検討されているのであればJeepは絶対にご検討

頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。

 
2016年03月(4件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る